八女市・久留米エリアの在宅医療を支援する総合病院 姫野病院

0943-32-3611

メニュー 閉じる

入院のご案内

入院のご案内

【 世界旅行へようこそ 】

入院・・・。 出来ればしたくないことですよね。
家族とは離れ離れ、慣れないベッド、集団生活、美味しくない給食、同室者への気遣い・・・。

タワー病棟を作る前、私たちは心を痛めていました。病気や怪我だけでも辛いのに、生活パターンまで激変する入院生活。ダブルストレスです。

そこで考えました。もっと人間的な生活ができたら、病気が治るのも早くなるのではないかと・・・。

姫野病院のタワー棟には、少しでも人間らしく入院生活ができるよう、様々な工夫をしました。

1.全館個室

個室では周囲の方のいびきや匂いも聞こえません。自分だけの空間で、好きなように過ごせます。
お見舞いの方も、長く滞在されています。お見舞いが多く来た方が病気の治りも良い事が分かっています。

もしも、部屋で独りでは寂しいと思ったら・・・デイルームにお越しください (^^)

2.世界旅行をモチーフにした各階のデザイン

病気や怪我のときはなかなか外に出られません。せめて気分だけでも広い世界に出られたら、という願いです。道にも迷いません。多分・・・

3.ナナレクプロジェクト

「患者さんには少しでも元気になって退院していただきたい!」その想いが、病院を変えました。
病棟で開かれるレクリエーションは、高齢の患者様を元気にします!

こんなことがありました。

癌の末期で、1か月間食事も水分も一口も入らなかった患者さん(85歳、女性)。
そんな夏のある日、病棟では「スイカ割り大会」が開かれました。
盛り上がる歓声、スイカの割る音、拍手が病棟中に響きます。その癌患者さんは部屋にこもりっきりでレクには参加できず。

しかし祭りの後、その患者さんがナースコールを押しました。
看護師「どうされましたか?」
患者さん「スイカが・・・食べたい」

無造作に割られたスイカの一切れを平らげた後、満足そうに眠られました。
その2か月後、安らかに息を引き取られました。

4.各階にリハビリ室

「リハビリをした方が良い、でも身体の状態が安定しないとリハビリ室には行けない…」
そんなジレンマがありました。

血圧が安定しない、痰の吸引が必要、酸素を吸入している、色んなチューブがつながっている・・・看護師がいない環境でリハビリをするのは困難です。

姫野病院タワー棟では、各階にリハビリ室(兼食堂・デイルーム)があり、何かあればすぐに病棟看護師が対応できる体制でリハビリテーションを行っています。

当院では、適応がある患者様すべてに入院初期からリハビリテーションを提供しております。

5.少ない介助でトイレに行ける工夫

お身体の具合をお聞かせいただき、リハビリセラピストが、環境設定を行います。

また、各部屋のトイレには、最小限の解除で排せつができるように、ファンレスとテーブルを設置しています。

6.「入院生活は退屈だ・・」なんて言われないための作戦

【作戦その1】
1階には、2万冊の漫画をそろえています。
入院患者さんは、もちろん借り放題。なつかしい漫画もたくさんあります。
【作戦その2】
レトロゲームや最新のプレイステーションVRを設置しています。
【作戦その3】
WiFiサービスもあります。ご希望の方は、スタッフまでお申し付けください。

7. 便利な入院生活のために

直営のコンビニエンスストアや銀行ATMを設置しています。

入院患者様の1日のスケジュール

  1. 6:00
    起床・モーニングケア
  2. 6:00
    朝食
  3. 8:30
    口腔ケア
  4. 8:45
    排泄・入浴・リハビリ・検査
  5. 11:00
    口腔体操
  6. 12:00
    昼食
  7. 12:45
    口腔ケア・排泄
  8. 13:00
    体操(リハビリスタッフ)
  9. 14:00
    レクリエーション
  10. 15:00
    水分補給
  11. 15:30
    回診
  12. 16:00
    排泄・レクリエーション
  13. 17:30
    夕食
  14. 18:30
    口腔ケア
  15. 19:00
    イブニングケアー
  16. 20:30
    消灯