八女市・久留米エリアの在宅医療を支援する総合病院 姫野病院

0943-32-3611

メニュー 閉じる

栄養士・調理師 採用情報

栄養士・調理師 採用情報

日本で最高の病院直営の厨房を作るために、
力を発揮してくれる栄養士・調理師を募集します!

今回の求人募集は、舞風台直営化により「地元産の食材を使った、評判になるような美味しい病院食づくり」、そして、「治療と密着した食のあり方について、ノウハウを蓄積し、地域の食育に貢献する」という、新たなチャレンジが、その背景にあります。

患者さまから、そして、地域の皆さまから喜んでいただける仕事に一緒に取り組んでみませんか!

ビジョン ー 姫野病院 厨房の「今」と「これから」ー

【今】
安全安心で美味しい食材

地元産の有機野菜を使用して、冷凍物は一切使わないという食材ポリシー

オーソドックスな特別食の提供
心臓病、高血圧、腎臓病、肝臓病、透析などの各特別食の提供

【これから】
病院・老健・高齢者住宅が一帯となって地域に豊かな食を提供

  1. 1. 2014年2月頃 老健 厨房事務のみ直営化
  2. 2. 2014年4月頃 老健 厨房完全直営化
  3. 3. 2014年7月頃 サ高住オープン予定 給食一体提供へ
  4. 4. 20XX年 調理ライブ、バイキングなど開始
  5. こうして培ったノウハウを全国へ発信し社会貢献へ!

支援体制

1. 「栄養士・調理師としての仕事のやりがい」

患者様の直接の声を聞き、喜んでもらうことで委託業者勤務では体験できないやりがいを実感することができる体制を作っています。

2. 「スキルアップ支援」

スキルアップ支援として、研修費や資格取得のための支援を病院で積極的に行っています。

3. 「働きやすい環境づくり」

子育て支援のため、保育所(病児保育あり)を併設しています。
またスタッフ同士のコミュニケーションも活発で笑顔も絶えない明るい病院です。助け合いの精神でお互い働きやすい環境づくりに努めた結果、低い離職率を実現することができています。

一緒に働くスタッフからのメッセージ

『食』を通して、食べて治し、食べて癒す。

濱崎 かおり/姫野病院 栄養科 科長
管理栄養士
NST専門療法士
摂食嚥下専門管理栄養士
がん病態栄養専門管理栄養士
臨床栄養師
在宅訪問管理栄養士
栄養経営士
その他
● 食へのこだわり
季節を感じ、見て楽しみ、食べておいしい食事をすることで、食欲回復へつながり、健康な身体が作られていくことを体感していただけるよう心がけ、『食』を通して、食べて治し、食べて癒す。を信念に栄養・食事サポートを行っております。
● 献立へのこだわり
冷凍食品や既製品を極力控え、有機・無農薬野菜、合鴨・棚田・有機米をはじめ、地産地消、国内産、自然塩、てんさい糖など無添加調味料を使用し、手作りをしております。
食事は、地元住民の方になじみのある味付けや料理を中心に、新しい料理も取り入れ、行事食は華やかに、メリハリのある幅広い年齢層に喜んで頂けるよう、日々精進しております。
● スタッフの仕事へのやりがい
比較的若い年齢層のチームですが、助け合い、補い合う素晴らしいチームです。
当院栄養科の食事は、治療食、嚥下食、幼児食、離乳食、イベント食、病棟でのライブキッチンと幅広く、各々に応じた知識や技術、応用力、コミュニケーション力が求められます。
大変なことも多々ありますが、プロフェッショナルとして腕を発揮するには申し分ない環境といえます。新入職員等含め5名加わったこともあり、基礎はもちろんのこと、更なるスキルUP目的のカリキュラムを発動し、各々研鑚することで仕事への誇りや自信を培い、やりがいのある職場にしていくシステムを考案中です。
● 栄養・食事サポート
病棟配置を行い、患者様により適したオーダーメイドの食事、栄養管理を行っております。
自立型、医療型有料老人ホームも併設しており、抱えている課題や目標設定も異なりますが、一人一人がHappyで過ごすことができるよう、本人を含め関連職種と共に一緒に考えていくようにしております。また、臨床、教育、研究は三位一体なことから、学会へアウトプットしていく取り組みも行っております。
● 地域連携
法人の基本理念である『患者様のために、ご家族のために、地域のために』のもと、自分たちに何ができるかを考え、行動しております。地域の皆様の健康のため、そして傷病からの回復のために最大限の支援を行うことを自らの果たすべき責務とし、また、退院後必要な方には継続した支援を行うことで、地域社会に貢献していきます。
院内連携はもちろんのこと、近隣の5病院からなる八女筑後栄養療法会で、栄養療法が地域全体に浸透し、より一層の医療の質向上と、地域の医療・福祉関係者間の情報交換、相互研鑚を目的に活動しております。

『食』を通して、食べて治し、食べて癒す。

松山 由香利
管理栄養士
● 食へのこだわり
無理なく、楽しく、気軽に続けていただき、何でも食べられる食事療法に日々取り組んでおります。
食材選びや組合せ、表示の見方など、買い物実習、手間なく美味しい簡単料理をご紹介するお料理教室など、体験イベントを企画しています。
本物そっくりのフードモデルを使った食事評価法では、様々な状況をイメージして楽しみながら学べます。ご家族の方の同席大歓迎!
皆様が健康にお過ごしいただけるようにお一人おひとりに合った食事のご相談をさせていただきます。

院長からメッセージ

地域に誇れる、こころ豊かな食事を法人一体となって提供する

姫野 亜紀裕 医師(腎臓内科・糖尿病内科)

高齢者が入所する施設を選ぶときの重要な基準に、「食事がおいしいこと」を挙げる方が多いと聞きます。

1日3回、年間で1095回も食事をするわけですから、食事は美味しく食べられるに越したことはありません。
しかし病気を持った高齢者は食欲が落ち、健康を維持するための十分な量のカロリーを確保するのが難しいという現実があります。

八女発心会は、病気の治療が始まる病院から、退院後の介護老人保健施設や、在宅施設である有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅にいたるまで、一体となって病気の療養に欠かせない食環境を提供することによって、地域の高齢者が安心して暮らせる街づくりに貢献します。

コトコトと煮込む音、ジュージューと肉を焼く音、そして鼻をくすぐる匂い・・調理の段階から利用者の「食事」は始まる。
好きな皿を、好きな量だけ盛り付け、職員やほかの利用者との和やかな会話とともに、いつの間にか皿を平らげている。

そんな医療・介護食のあり方を、八女発心会は目指します。

食育SATシステムについて

食育SATシステムとは
実物と同じ大きさの食品模型であるフードモデルを活用して、瞬時に栄養価を自動で計算してくれる機器です。フードモデルの裏にICチップがついており、トレーに選んだフードモデルを機械にのせるとカロリーや塩分などを表示します。食事バランスガイドのコマでも表示可能です。
レクレーション感覚で日頃のお食事で不足している食品や摂り過ぎている食品が簡単にわかります。

診断表サンプル(PDF)

患者様が選んだ食事

カレーライス 837kcal
鶏のから揚げ 316kcal
ポテトサラダ 169kcal

合計 1322kcal

改善後の食事

ご飯150g 252kcal
刺身の盛り合せ 80kcal
小松菜のお浸し 12kcal
ひじきの煮物 60kcal
きのこと根菜のみそ汁 41kcal

合計 446kcal

品数は増えていますが、カロリーは876kcalダウンしています。カロリーの低い野菜・きのこ・海藻をたくさん使用した献立にしているところがポイントです。野菜・きのこ・海藻には食物繊維が多く含まれるため、血糖の上昇を抑えます。メニューに根菜やきのこなど歯ごたえのある食材を取り入れることで噛む回数が増え食事への満足感がさらに増します。

求めている人材像

  1. 大量調理経験のある栄養士・調理師
  2. 厨房経験はあったほうが望ましいが、なくてもやる気と協調性があればOK
  3. 新しい事にチャレンジできる柔軟性と感性を持った人

条件・待遇について

詳しい条件・待遇についてはこちら

採用に関するお問い合わせ・お申し込み

求人・病院見学・資料請求についてのお問い合わせ・お申し込みは下記までご連絡ください。

電話・FAXでのお問い合わせ
TEL・FAX