八女市・久留米エリアの在宅医療を支援する総合病院 姫野病院

0943-32-3611

メニュー 閉じる

ご挨拶

ご挨拶

  • 医療法人 八女発心会 姫野病院 理事長
    姫野 信吉
  • 医療法人 八女発心会 姫野病院 院長
    姫野 亜紀裕

地域の皆さん、ありがとう。

姫野病院は私達の父、祖父である姫野光雄が、地主さんに何度も頭を下げて譲ってもらった土地にようやく建てることができた病院です。
銀行にも毎日通い、支店長さんが逃げ出すほど雨の日も雪の日も融資をお願いし続け、ようやく作ることができました。

その病院が、平成17年に潰されかけました。
内部からの乗っ取りに遭い、資金も底を尽き、売り飛ばされる寸前の状態でした。職員は集団退職し、医療活動にも支障をきたしていました。

その時なぜか、患者さんの数が増えました。ガラガラだった外来には患者様が溢れかえり、70%程度の入院ベッド稼働率は、90%に改善しました。

業績は急回復し、そのお陰で乗っ取りグループに打ち勝つことが出来、姫野病院は存続することとなりました。

地域の皆さんが私達を応援してくださり、病院の命は救われました。

いつかこの地域、私達を育ててくれた地域の皆様に、恩返しをしたい。
病院の理念は次のようなものになりました。

患者様のために、ご家族のために、地域のために。

この気持ちで医療や介護を続けてきました。

私達は救急車を断りません。
断るのは、重度の怪我で当院では治療が困難、或いは受入れたら他の患者様に害が及ぶことが明らかな時だけです。

私達は入院患者様を無理やり追い出しません。
次の居場所に繋げて、安心して退院して頂きたいといつも考えます。

私達は個別対応を嫌がりません。
人にはそれぞれの生活スタイルがあります。医療は生活を担保することで、初めてそのパフォーマンスを発揮します。患者様の生活や人生を重視し、医療面とのバランスを、ギリギリのところまでとる心づもりがあります。

そして、タワー棟を建設するにいたりました。
地域の方々に良い環境で安心して入院して、元気になって欲しい。また地域の皆様が集まる場になってくれれば。

タワー棟の病室は全室個室ですが、お部屋代はいただかないことにしています。
個室なので、好きな時間に眠れます。インフルエンザなどの感染症を他の患者様にうつされることもほとんどありません。各階にリハビリ室があり、リハビリやレクリエーションができるので、身体の機能が落ちにくいです。一刻も早く元気になって、元の住まいに戻って頂ければと、いつも考えております。

私達を必要とする人たちがいる限り、八女発心会、そして姫野病院は、地域に対して恩返しを続けていくつもりです。

地域の駆け込み寺であり続けたい。

理事長 姫野 信吉・院長 姫野 亜紀裕